アクセスランキング コラム:ラスベガス@ラスベガス旅行体験記 ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナースクラブカード
ご旅行でも、日常の生活でも、マイルがたまるJALカード

コラム

[ラスベガス] ブログ村キーワード

昨日、学生時代の友人から電話がありました。
内容はお盆休みに行ったラスベガス旅行の報告。
以前、友人からのラスベガス旅行に向けての相談記事を
紹介させてもらいましたが、その友人からのラスベガス報告でした。

どうだった?と聞くと第一声は「暑かった!」でした。
真夏のラスベガスは確かに暑いです。
それと乾燥!ラスベガスは砂漠の中に創られた街なので乾燥するんですよ。
友人も肌のカサツキは今までに経験したことが無いほどだったと言ってました。
ん〜、確かに!

友人は初めてのラスベガス旅行だったのですが大満足だったみたいです。
何と言っても子供が喜んでくれたのが一番嬉しかったとのこと。
旅行前に私が紹介したラスベガスで子供が喜びそうなスポットを
中心に回ってきたみたいです。


私が紹介したラスベガスで子供が喜びそうなスポット
サーカスサーカスホテルのアドベンチャードーム(遊園地)
ミラージュホテルのシークレットガーデン(動物園)
マンダレイベイホテルのシャークリーフ(水族館)
ランスバートンのマジックショー
・ストラトスフィアタワーからの夜景
などなど。

中でも、マジックショーが一番楽しかったみたいです。


宿泊したのはサーカスサーカスというホテル。
高級ホテルが多いラスベガスの中では比較的リーズナブルな値段で
宿泊できるホテルです。
このサーカスサーカスは、家族連れのお客様をターゲットにしている
ホテルなので、ホテルの施設にはアドベンチャードームという屋内の遊園地
があったり、ホテルの名前のとおりサーカスを生で見ることのできます。

この遊園地やサーカスも満喫!
子供だけでなく大人でも十分楽しめるということで、
逆に勧められてしまいました。

すっかり、友人家族はラスベガスが好きになったみたいです。
来年もまた行こうと既に家族で盛り上がっているとか。
ラスベガス好きの私にとって、ラスベガスを気に入ってもらえたのは
何とも嬉しい限りです。

来年は一緒に行くか!



人気ブログランキングへ応援お願い致します
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行への応援もお願い致します
ランキング にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ

前回の続きです。
群馬サファリパークのパーク内に入園です。
「トレジャーツアー」は少人数でガイドさんが車を運転して
舗装されている道路から外れて動物に近づいてくれます。
かなり近くまで行ってくれるので楽しいですよ。

最初に出迎えてくれたのはキリン。
キリン



















車が近づくのに驚くこともなく、じっと一点を見つめていました。
反対側にはシマウマが。
シマウマ











そして、キリンとシマウマのツーショットも。
キリンとシマウマ



















この日は天気が良く暑すぎだったのでバテ気味動物達が多かったです。
日陰から動こうとしませんでしたよ。

猿は水浴び。
猿の水浴び











ラクダだけは日向でも大丈夫?!
らくだ













しばらく車で進んでいくと、車から降りて歩いて動物達を見て回る
ウォーキングゾーンがありました。
そこには、ラクダや鹿、ユキヒョウなどのネコ科の動物などがいましたが、
面白かったのはこの2頭。
1頭目はダチョウです。機嫌が悪かったらしく、何故だか私に対し挑戦的。
しばらく睨めっこ状態でした。
ダチョウ










そして、もう1頭がラマ。
何か欲しそうな顔をしてずっと私達を見つめていました。
機嫌が悪いとツバを吐くらしいです。
耳が寝ていると機嫌が悪いらしいのですが、ということは機嫌が悪い?
早く逃げろ!ツバが飛んでくるゾ!
ツバかけ











ネコ科のライオンやホワイトタイガーも日陰で寝ていました。
しばらく見ていたのですがピクリとも動きません。
昼寝ライオン














昼寝ホワイトタイガー











ここのゾーンはちょっと小高い丘になっているのですが、
そこから撮った写真。何だかジュラシックパークみたいですよね。
ジェラシックパーク











風景












ウサギもいました。やっぱり日陰に。
うさぎ










ウォーキングゾーンでの見学時間は約30分ほど。
もうちょっと時間があればウサギとも触れ合いたかったのですが・・・。

再度、車に乗り込み移動です。
移動中に見えたのはゾウ。
このゾウは気性が激しく、以前、車を傷つけたこともあったらしく、
現在は一人ぼっちで飼育されているみたいです。
ゾウとしてはジャレていただけかもしれませんが。
ゾウ




















最後は猛獣エリア。
トラやライオン達を間近で見ることができましたよ。
トラ










ホワイトタイガー











このトラとホワイトタイガーは、私達がここにいた3分間、
お互いに目を逸らすことなく睨み合っていました。
迫力のある眼力でしたよ。

そしてライオン。
メスは凛々しい顔つきでしたが、オスはダラダラしている感じ。
オスのライオンはもっとカッコイイ印象だったのですが・・・。
メスライオン










オスライオン











そして、最後が一番印象に残っているサイです。
その大きさにもビックリだったのですが、
サイが車に近づいてきて車の周りを一周。
車をひっくり返されそうな迫力でハラハラでした。
自分の車だったら身動きが取れなかったかも。
こんなデカイ図体をしているのに走ると時速60キロものスピードで走る
というのだから驚きです。
サイ










サイが近づいてきた!こっちに来るな!って感じでしたよ。
近づくサイ












と、このエリアでツアーは終了。

ツアー全体で1時間くらいの時間でしたが結構色々な動物達を間近に
見ることができて楽しいツアーでした。
入園料がまた掛からなければエサバスにも乗りたかったです。
ちなみに、動物にエサを与えることが出来るツアーのエサバスです。
トトロのネコバスみたいですよね。

エサバス











家に帰って、改めて群馬サファリパークのホームページを見てみると
入園割引券(300円引き券)がありましたよ。
これから行かれる予定のある方は、
こちらのサイトから割引券を印刷して持参して下さいね。
↓↓↓
群馬サファリパークの入園割引券

それから今は、ライオンの赤ちゃんと写真が撮れるキャンペーンを
やっていることも発見してしまいました。
やっぱり下調べは大事ですね!

ライオンの赤ちゃんとの写真は9月28日までやっているらしいので
機会があったら、また行ってみたいと思っています。
ちなみに、今は長野県民の方は入園料が半額になるそうですよ。


人気ブログランキングへ応援お願い致します
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行への応援もお願い致します

ランキングにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ



お盆休みは如何お過ごしでしたか?
私は特にお盆休みはなく通常勤務でございました(涙)
昨年、一昨年はこの時期にラスベガスへ旅行に行っていたので
少し寂しい気分。少し?

今年のお盆休みは燃料サーチャージの影響で海外旅行者は前年に対し、
8.6%も減少していたとのことで、海外に行きたくても行けなかった人は
多いようですね。

そんな中、群馬サファリパークへ行ってきました。
たまたまTVで流れていた富士サファリパークのCMを見て
「富士サファリパーク!」の歌を私が口ずさんでいたら、
「群馬サファリパークに行ってみようよ」と妻が。
私はサファリパークに行ったことが無かったので早速行ってみました。
群馬サファリ入り口










初めてのサファリパークなので他のサファリパークとの比較が
分かりませんが、料金が高いことと時間の制約が結構あることに
驚きました。入園料は大人2,600円、子供1,300円。
それに、自分の車で見学するコースやサファリパークのバスで見学する
コースなど他にもコースはありましたが、
そのコースごとに追加料金が掛かります。
またコースごとに出発時間が大体2時間おきと決まっています。

私達はインフォメーションでコースの種類ごとの内容を教えてもらい
動物を近くで見ることの出来る「レインジャーツアー」と
動物にエサをあげることのできる「エサバス」の2つのコースを申し込む
ことにしました。
群馬サファリコース



















すると、料金が「レインジャーツアー」で入園料2,600円+1,300円(一人)
「エサバス」で入園料2,600円+1,300円(一人)となり、
入園料を2回も支払わなくてはいけないとのこと。
流石に高すぎるのでやむを得ず「レインジャーツアー」だけを申し込むことに
変更です。

年間パスポートが5,000円で販売されていて、この年間パスポートを
持っていれば入園料は免除されるシステムみたいなのですが、
この料金制度は如何なものか?と感じました。
折角、サファリパークに来ても、ほとんどの人が一度しか入園しないでしょう。
旅行でもそうですが、初めて行くところは事前の下調べが必要ですね。

「レインジャーツアー」の出発までは1時間30分くらいの待ち時間が
あったので、施設内のバードパークに行ってみました。
バードパークに入ると一番最初にいたのは鳥じゃなくリス猿。
リス猿











リス猿










リス猿は元気に動きまくっているイメージが強かったのですが、
今日は暑過ぎて休憩しているリス猿が多かったです。猿も夏バテですね。


逃げる鳥











逃げる鳥










追いかけた訳ではないのですが、何故かこの鳥だけは私達から必死になって逃げていました。
鳥











フラミンゴ











フラミンゴ達はみんな日陰に避難しているようです。
レッサーパンダ











レッサーパンダも。
レッサーパンダ豆知識










レッサーパンダの豆知識。



バードパーク内ではタカやフクロウ達のフライングショーも見られるのですが、開催時間が「レインジャーツアー」の時間と重なっていて、私達は見れませんでした。
やはり下調べをしてくれば良かったです。

この日の気温は恐らく35℃は超えていたと思います。
私達も汗だくになり休憩所でツアーの時間まで休みことにしました。

そして、いよいよ「レインジャーツアー」の始まりです。

車











サファリ入り口











少し長くなってしまったので今回はこの辺で。


人気ブログランキングへ応援お願い致します
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行への応援もお願い致します

ランキングにほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ



グーグル社が先日発表した「ストリートビュー」日本版。
「グーグルストリートビュー」はグーグルマップ上で指定した場所の
実際の町並みをみることができるというもの。
現在は、札幌・小樽・函館・仙台・東京・埼玉・千葉・横浜・鎌倉・京都・
大阪・神戸の12都市の主要道路からの光景を見ることができるみたいです。

今までグーグルマップすら活用したことが無かったのですが、
このニュースを見てグーグルマップ・ストリートビューを試してみました。
実際やってみると、自分がその場所にいるかのような感覚が味わえて
1時間以上も見てしまいました。

昔住んでいた場所はあるのか?とか、買物や旅行に行った場所は?
などなど色々と検索しストリートビューを体験。
よくこんなサービスができるなあと感心してしまいました。

ただ、実際に車で収集した画像情報をデータベースにしているので
オンタイムの画像ではありません。
このブログで以前、紹介させてもらった
シルク・ドゥ・ソレイユの日本常設シアターの「シアター東京」や
入間のアウトレットなど最近できた施設は工事中の時の映像でした。


既にアメリカでは2007年5月に導入されているということで
私の大好きなラスベガスのベラージオホテルを見に行ってきました。
ラスベガスの主要道路であるストリップ通りからベラージオを眺めている
映像ですが、これが笑えるんですよ。
画面の左側(南と書いてある矢印をクリック)に進むと昼間の映像から
夜の映像に変わってしまうのです。
しばらく進むとまた昼間に戻るんですけどね。

それから画面をドラッグして動かせば360度に画面が動くし、
上下にも動くのでラスベガスの中心部をご覧になってみて下さい。


大きな地図で見る


こちらは、ピラミッド形のホテルのルクソールです。

大きな地図で見る


皆さんも実際にやってみると楽しいですよ!
Googleマップ


人気ブログランキングへ応援お願い致します
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行への応援もお願い致します


livedoorニュースを見ていたら、
「国内線に燃油サーチャージかからないのは、なぜ?」
というニュースがありました。

内容を読んでみましたが、国内線に燃料サーチャージが徴収されない理由が
よく分かりませんでした。
国内線は燃料サーチャージの追加徴収なしでもやっていけると
いうことなのでしょうか?

その分を国際線に上乗せしているのでしょうね。
事実、日本の航空会社の燃料サーチャージは他国の航空会社の
燃料サーチャージよりも高い傾向にあります。

安全性を抜きに安ければ良いという訳ではないですが、
航空会社によって燃料サーチャージの料金に差があり過ぎると思います。
特に日本の航空会社はもう少し企業努力が必要だと感じます。

今の燃料サーチャージの価格は異常に高い。高すぎ!
気軽に海外旅行に行ける金額ではないです。
また、航空会社による燃料サーチャージの差があり過ぎ!

旅行代金を安く済ますには、ツアー料金の価格だけを比較するよりも
今は航空会社の燃料サーチャージの料金を比較し選択するべきかも知れません。


燃油サーチャージ価格ランキング 
↓↓↓
http://travel.hikaku.com/surcharge/


【引用先:livedoorニュース】
いよいよ夏休み。飛行機の利用で気になるのが「燃料サーチャージ」。
昨今の原油高の影響で、燃油コストが航空会社の経営を圧迫しているため、
乗客に追加運賃を課すというものだ。

国内線は運賃に含まれている航空旅客運賃の「燃油サーチャージ」は、
2005年から導入された。当初は数千円程度だったのが、
度重なる値上がりの結果、今やハワイなら3〜4万円、
ヨーロッパでは5万円以上になることも(いずれも往復)。
もはや単なる「諸経費」で済む金額ではない!

ところが、この燃油サーチャージを別途徴収されるのは国際線のみ。
国内線には設定そのものがない。国土交通省航空事業課によると、
「国内線の場合、燃料コストの上昇分は運賃内で回収されています。
国内線は基本的に距離が短いことに加え、国際線の運賃が認可制
であるのに対し、国内線の運賃は事後の届け出制であることも
関係しています」。
さらに、世界各国で燃油サーチャージが設定されている現状では、
国際線では足並みを揃えないと都合が悪い、という事情もあるようだ。

お得な航空会社はどこ?
というわけで、航空券を買うときだけでなく、パック旅行でも、
国際線では必ずこの燃料サーチャージが別途追加されるため、
「格安ツアーのはずが高くついた!」とトラブルを招くことも。
そこで、パックツアーを販売する旅行会社は、燃油サーチャージを
含めた総額での表示が求められることになった
(6月30日付の国土交通省の通達による)。とはいえ、
3カ月間は猶予期間となるので、現在見かける広告は、
一部を除きまだ別途追加となっていることがほとんど。
当分の間、料金表示はよ〜く確認することをお忘れなく。

ところで、燃油サーチャージは航空会社ごとに申請しているので、
金額は一律ではない。同じ路線でも航空会社によって異なっているようだ。
たとえば日本からヨーロッパに行く場合、JALやANAでは
往復5万6,000円なのに、最安のフィンランド航空では往復3万6,000円。
なんとその差は2万円も。
これらを一覧で比較できるウェブサイトも登場している。
旅行代金の節約には、航空会社選びがこれまで以上に重要になりそうだ。


人気ブログランキングへ応援お願い致します
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行への応援もお願い致します


シルクドソレイユはラスベガスで公演されているショーで有名ですが、
日本でもドラリオンやアレグリアでその名も知られていますね。
そのシルク・ド・ソレイユの常設シアターが東京ディズニーリゾート内に
総工費140億をかけ建設され、シアター東京として、
今年(2008年)10月1日にオープンされます。


既に6月7日からのチケットの予約販売も始まっています。

10月1日から本公演が始まりますが、その前にトライアウト公演が
8月15日からスタートします。
日本初のシルク・ドゥ・ソレイユ常設シアターによる公演が
約1ヶ月後には観られるということになります。

ラスベガスで味わった感動が日本でも味わえるのかと思うと
今から楽しみです。って私もまだチケット予約していないんですけど・・・。

ショーのタイトルは「ZED」。
そのZEDの現在公開されている映像をご覧下さい。





人気ブログランキングへ応援お願い致します
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行への応援もお願い致します

「ラスベガスをぶっつぶせ」という映画を先日観てきました。
ホントはラスベガス旅行の前にこの映画を観たかったのですが、
旅行前は何かとバタバタしていて・・・。

感想としては、ラスベガスの夜景やホテルの豪華な客室、
ベラージオの噴水ショーなどをスクリーンで見れて良かったというのが
一番印象に残ったという感じ。
私がラスベガス好きだからかもしれませんけど。


映画の内容は、マサチューセッツ工科大学の数学の天才学生たちが、
ラスベガスのカジノで荒稼ぎしたという実話を基にした話で、
主人公の学生ベン(ジム・スタージェス)はある日、
並外れた数学的資質を教授(ケヴィン・スペイシー)に見込まれ、
ブラックジャックの必勝法を編み出した天才学生チームに誘われる。
チームに参加した彼は仲間たちと日夜トレーニングを重ね、
卓越した頭脳とチームワークを駆使してラスベガス攻略に挑んでいく。
その後は・・・。まだ観ていない方のためにこの辺にしときます。

既に上映が終了している映画館が多いと思いますが、
DVDで自宅で視聴する分には十分楽しめると思いますよ。
ラスベガスの街並みや夜景、カジノの雰囲気などは十分に伝わり
それだけでも観る価値ありです。
カジノの舞台となっているホテルは、私も2回ほど宿泊したことがある
プラネットハリウッドホテルです。
このホテルは旧アラジンホテルで現在もリニューアル中なんです。
昔、アラジンホテルに泊まったことのある人はビックリしてしまう
変わりようですよ。


ブラックジャックの必勝法としては映画では詳細が描かれて
いないのでよく理解できませんでした。
実話ということなので、必勝法は詳しく公開できない
ということなのでしょうかね?

「ラスベガスをぶっつぶせ」公式サイト


人気ブログランキングへ応援お願い致します
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行への応援もお願い致します
ラスベガスが総合第2位!
ラスベガス好きな私にとってはうれしいニュースです。
リクルート社が調査したみたいなのですが、
様々なアンケート項目ごとに満足度評価順にランキングをしていたり
上位にランクされた都市ではフリーアンサーなども記載されていて
海外旅行の旅行先を検討する際には役に立ちそうです。
興味のある方は一度見てみると良いと思います。

ちなみに、ラスベガスのフリーアンサーです。

・食事やショー等が安くて楽しい。
 レンタカーでいろいろな場所(グランドキャニオン)に行けるし、
 周囲に自然がいっぱいある。(男性50代)
・日本とは桁違いのスケール、ホテルの規模・道路、市街地と
 周囲の砂漠といった環境に感動した。
 治安も良く夜に出歩くこともできる。(男性30代)


【引用先:余暇・サービス関連ニュース

リクルートは、同社が運営する海外旅行情報サイト
「エイビーロード」において、2007年に海外旅行をした8206人を
対象として、旅行先の都市地域ごとの満足度実態を把握することを
目的に「海外旅行先満足度調査2008」を実施し、都市地域別の
結果を発表した。

調査結果によると、総合満足度ベスト3は、
「ウィーン」4.49p、「ラスベガス」4.45p、「ローマ」4.36pとなり、
ベスト5すべての都市地域で街並みに関する満足度が標準値を
上回る結果となった。

食事に関する満足度のベスト3は、「台北」4.14p、「ウィーン」4.12p、
「ソウル」「バリ島」4.09p。ベスト10の11都市地域中、
6都市地域をアジアが占めたという。

ショッピングに関する満足度については、「オアフ島」3.81pが最も高く、
以下「ヘルシンキ」3.79p、「アテネ」3.78pと続く。
4.00p超がなく、他項目に比べ満足度は低いとのこと。

自然に関する満足度は、「ケアンズ」4.43pが最も高く、
「オアフ島」4.24p、「ハワイ島」4.21p が続く。
また、街並みに関する満足度としては、「ウィーン」4.41p、
「バルセロナ」4.33pのヨーロッパ2都市に「ラスベガス」4.26pが続いた。
ベスト10の10都市地域中、7都市地域をヨーロッパが占める結果となった。


リクルート=http://www.recruit.co.jp/
エイビーロード」=http://www.ab-road.net/


人気ブログランキングへ応援お願い致します
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行への応援もお願い致します
明日から急遽、出張になってしまいました。
土曜日まで缶詰状態なのでBlogの更新はできません。
7/6の日曜日には更新させて頂きますので宜しくお願い致します。

更新できない間、ラスベガスのベネチアンホテルで公演されていて、
今、日本でも公演されている「ブルーマン」のショーでも観て
楽しんで下さい。






人気ブログランキングへ応援お願い致します
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行への応援もお願い致します
昨日、ラスベガスから無事に帰って来ました。
とても充実した6日間を過ごせて満足しています。
が、時差ボケが抜けずにまだボーっとしています。
今回の旅行期についてはゆっくりと記事にしていきたいと
思っていますので楽しみにしていて下さい。
とりあえず、今回は無事に帰ってきたという報告とさせて頂きます。

それと、問題です。
今回の旅行での写真を1枚です。一体何だと思います?

デスバレー








人気ブログランキングへ応援お願い致します
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行へも応援お願い致します

ラスベガス旅行情報
ラスベガスラスベガス
旅行体験記

RSS新着情報
Yahoo!ブックマークに登録
ご案内
【ラスベガス旅行体験記】

■運営ポリシー■
これからラスベガスへ旅行に
行かれる方に、自らの旅行
体験情報を元にお役に立てる
ようなブログを目指します。
ラスベガス好き、旅行好きの
みなさん応援よろしく!
コメント・トラックバック、
大歓迎です。
相互リンクも募集中ですので
よろしくお願いします。

■便利だと思った方は■
人気ブログランキングへ
応援お願い致します。
ランキング
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ

Recent Comments