アクセスランキング ラスベガスでカジノにトライ:ラスベガス@ラスベガス旅行体験記 ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナースクラブカード
ご旅行でも、日常の生活でも、マイルがたまるJALカード

ラスベガスでカジノにトライ

ラスベガスにカジノは欠かせません。ほとんどのホテルに
カジノフロアーが設置され24時間営業しています。
ラスベガスに行ったらカジノにチャレンジしてみましょう!

代表的なカジノゲーム

【ルーレット】

ルールはとても簡単なテーブルゲーム。ディーラーが投げたボールが
ルーレット盤(リール)のどこに落ちるかを予想するだけ。
当たるかどうかは別ですがルールは簡単なので誰でも参加しやすい。

ルーレットには1〜36までの数字と0・00という2種類の0があり全部で
38個の数字があります。また、1は黒、2は赤と交互に黒と赤の色に
分けられていて、0・00は緑色になっています。

掛け方は何パターンかあるのですが、2倍の配当から36倍の配当となります。
代表的な掛け方は
.好肇譟璽函ΑΑ1つの数字に掛ける(配当金は36倍)
▲好廛螢奪函ΑΑξ戮蟾腓2つの数字に掛ける(配当は18倍)
コーナー・・・交差している4つの数字に掛ける(配当は9倍)
ぅ▲Ε肇汽ぅ鼻ΑΑ黒or赤、1〜18or19〜36、奇数or偶数など
          1/2の確立に掛ける(配当は2倍)
他にも掛け方はありますが省略します。

長く遊ぶのであればアウトサイドで、一攫千金を狙うのであれば
ストレートで掛けると良いでしょう。
初心者はアウトサイドで1/2の確立を楽しんでみましょう。
アウトサイドは、正確には1/2の確立ではなく、0か00にボールが落ちたら、
負けになってしまいます。掛け方には根拠など必要なく勘でOKです!

ルーレットの脇には電光掲示板があり今までの出目が表示されています。
(過去20回分位の数字が表示されている)
その数字を参考に赤が続いていれば次くらいには黒が来るのでは?とか
偶数が続いていれば次くらいには奇数が来るのでは?などと予想して
掛けると結構当たるものです。

カジノディーラーの経験がある私の学生時代の友人情報によると、
「1つの数字を狙って百発百中のディーラーなんていない。
狙った近くには行くけど確率はそう高くない」なんて言ってました。
私もそう思います。ディーラーが投げ込むルーレットのリールは
結構なスピードで回っています。リールが止まっていれば100%に
近い確立で狙えてもリールが回っていては無理です。

変に考えず勘に頼って勝負するのも間違っていないと思います。
私の場合はルーレットの数字の配置と掛け方を覚えているので
ストレートで掛けています。
ルーレットの数字の配置と掛け方を覚えると楽しみも倍増です。
是非チャレンジしてみて下さい。

ディーラーが「ベットプリーズ」と言ったら掛ける数字やアウトサイド
にチップを置いて下さい。
ディーラーが「ノーモアベット」と言ったらベット終了。
この言葉のあとにチップを置いても無効となりますので注意して下さい。
たったこれだけです。簡単にできますのでルーレットはおススメです。

注意点としてルーレット盤には絶対に触れないこと!
ルーレット盤は傾きに敏感でちょっとした環境の変化(乾燥や湿気でも)
でも平行に保てなくなるみたいです。
触られたらもちろん環境が変化してしまいます。
平行に保てなくなるとカジノ側は大損してしまうので最新の注意を
払っているのです。ルーレット盤に触らないことはマナーですので
注意して下さい。

人気ブログランキングへ応援お願い致します
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行への応援もお願い致します

ラスベガスにカジノは欠かせません。ほとんどのホテルに
カジノフロアーが設置され24時間営業しています。
ラスベガスに行ったらカジノにチャレンジしてみましょう!

代表的なカジノゲーム

【ブラックジャック】

 ラスベガスでも人気の高いカードゲームです。配られたカードの
 数字の合計が21を超えることなく、21に近づけていくゲーム。
 プレイヤーが複数いる場合もディーラーとの1対1の勝負となるため
 カジノの醍醐味が味わえます。

 まず、ディーラーがプレイヤーにカードを2枚づつ配ります。
 ディーラーのカードも2枚。でも見えているカードは1枚で
 もう1枚は裏返しになっている。
 プレイヤーに配られたカードの合計数字とディーラーのカードの
 合計数字が21に近い方が勝ちという単純なルールです。

 配られたカードの合計を21に近づけるためにカードをもう1枚欲しい
 時は「ヒット」と言ってカードは貰い、必要ない場合は「ステイ」
 と声を掛けます。21を超えてしまうとその時点でプレイヤーの負け。

 ディーラーは、カードの合計数字が17以上になるまではカードを
 引かなければならず、また、17以上になったら追加のカードを
 引くことはできないルールになっています。
 
 ここが勝負のポイントです。ディーラーの見えていないカードを
 推測して21に近い数字になっていると思えば積極的にヒットを
 繰り返し21に近づけなくてはなりません。
 また、ディーラーの2枚のカードが16以下になっていると思えば
 ディーラーが21を超えることを想定し、無理してヒットせず21を
 超えないようにして勝負することも有効な作戦です。

 カードの数字は1〜10、ジャック(11)、クイーン(12)、キング(13)
 のうちジャック、クイーン、キングはすべて"10"となり、1(エース)は
 "1"か"11"となります。
 従って、"10"のカードが13枚のうち4枚あるということ。この確率で
 ディーラーの見えない数字や自分がヒットするかステイするかを
 判断しながら勝負するのが醍醐味です。

 また、ディーラーを正面に見て一番左のプレイヤー。つまり、ディーラー
 がカードを配る際に一番最後に配るプレイヤーですが、そこに座っている
 人がチップを積んでいるようなテーブルは比較的勝ちやすいテーブルです。
 このプレイヤーは自分のカードの状況だけではなく、次にディーラーが
 引くカードまでも考えて勝負している人が多いからです。
 ディーラーのカードが最初に配られている2枚のカードで17以上になって
 いれば仕方がないのですが、16以下であればもう1枚カードを引かなくては
 ならないルールなので、如何にディーラーのカードを21を超えるように
 プレイするかというのが重要なポイントとなってくる訳です。
 従って、プレイヤーのうち一番最後にカードを配られるプレイヤーが
 強いとそこのテーブルは勝ちやすいということです。
 そういうテーブルを探してチャレンジするのも作戦の1つですね。
 
 
 ちなみに、"1"(エース)のカードと"10"(10とジャック、クイーン、
 キング)の2枚の組み合わせをブラックジャックと呼びます。
 

人気ブログランキングへ応援お願い致します
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行への応援もお願い致します



ラスベガスにカジノは欠かせません。ほとんどのホテルに
カジノフロアーが設置され24時間営業しています。
ラスベガスに行ったらカジノにチャレンジしてみましょう!

代表的なカジノゲーム(スロットマシン編)

【スロットマシン】

 カジノフロアーの至る所に設置されていて、機種によっては
 1¢から遊べるものもあるため誰でも気軽に楽しめます。
 ゲームのやり方も簡単でコインを投入口に入れて、
 「SPIN REELS」というボタンを押します。
 画面のリールが回転し始め自動で止まる。これを繰り返すだけ。

 同じ柄などが揃えば配当金が入りコインが増えます。
 機種により何が揃えば良いか、また配当金の額も異なりますので
 ゲームを始める前にチェックして下さい。

 ゲームを終えるときは「CHANE」というボタンを押せば残った
 コインが出てきます。最近では残りの金額分が記入された
 チケットが出てきて、そのチケットをキャッシャーに持っていけば
 お金と交換してくれるようになっています。

 また、メガバックスというスロットの機種は、大当たりがでるまで
 投入された金額が累積され配当金が増えていくタイプで、
 当たれば10億円以上もの大金が配当されるという日本では考えられない
 ゲームもあります。
 一攫千金で億万長者も夢ではないかも?


人気ブログランキングへ応援お願い致します
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行への応援もお願い致します



ラスベガス旅行情報
ラスベガスラスベガス
旅行体験記

RSS新着情報
Yahoo!ブックマークに登録
ご案内
【ラスベガス旅行体験記】

■運営ポリシー■
これからラスベガスへ旅行に
行かれる方に、自らの旅行
体験情報を元にお役に立てる
ようなブログを目指します。
ラスベガス好き、旅行好きの
みなさん応援よろしく!
コメント・トラックバック、
大歓迎です。
相互リンクも募集中ですので
よろしくお願いします。

■便利だと思った方は■
人気ブログランキングへ
応援お願い致します。
ランキング
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ

Recent Comments