アクセスランキング ラスベガスの基本知識:ラスベガス@ラスベガス旅行体験記 ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナースクラブカード
ご旅行でも、日常の生活でも、マイルがたまるJALカード

ラスベガスの基本知識

ラスベガスの歴史・歩みについて簡単にまとめてみました。

ラスベガスが発見されたのは1829年。
砂漠の中のオアシスの発見が起源とされています。


まず第一のラスベガスの発展はゴールドラッシュです。
1850年後半、ラスベガスから北西に400km離れたバージニアシティで
金鉱が発見されると、ゴールドラッシュが起こりました。
このゴールドラッシュで、砂漠の中の貴重な中継地点として
定住する者が現れて人口は増加していきました。
1905年には鉄道の開通に伴って、水の便の良いこの地は蒸気機関車の
給水地となったこともあり発展し続け、
1911年にはラスベガス市に制定されることに。
一攫千金を狙って集まった町ということを考えると、
カジノの街ラスベガスが生まれたのも分かる気がしますね。


次に発展したのはアメリカの政策による影響です。
1929年に世界大恐慌が起こり、産業のないネバダ州はカジノ産業を奨励し
1931年にカジノを正式に合法化。
同時期にニューディール政策によってフーバーダムの建設が始まり、
また鉄道開発が行われたこともあり、全米から集まった労働者の
娯楽の場として発展することになります。

その後、ラスベガスの発展に大きく貢献したのはマフィアの存在。
1940年代に入ると、映画「バクジー」でも有名なマフィア、
ベンジャミン・シーゲルが建てたフラミンゴホテルが、
豪華ホテルの建設ラッシュのきっかけとなり、カジノを備えたホテルが
マフィアの手によって次々と建設され始めました。

しかし、1960年代後半頃になると当局の取締りが厳しくなり、
マフィアは次々とホテルの経営権を手放すようになっていきました。
ゲーミング・ライセンスの厳格化に伴い、更にマフィアの影響力は漸減。
1990年代にはほぼ払拭されたと考えられています。
この頃のラスベガスを実話に基づいて作られた映画「カジノ」を観ると
今では想像できないダーティなラスベガスの世界を知ることができます。


そして、ラスベガスのイメージを「ダーティなギャンブルの町」から
「エンターテイメントの町」へと変えた立役者と言われているのが
スティーブ・ウィンという実業家の存在です。
彼は、全ての人が楽しめる究極のリゾートの実現を目指し、
カジノはもちろんエンターテイメント、グルメなども楽しめる
ミラージュホテルを1989年に建設しました。

このホテルを皮切りに、また投機ブームの助けもあり、巨大テーマ型ホテルと
呼ばれるホテルが次々と建設されることになり、そして現在も趣向を
凝らしたホテルの建設ラッシュは続いています。

2008年現在では、ラスベガスは、人口200万人を超えると言われているまでに成長。
そして世界中から年間約3,900万の人が訪れる世界でも有数の観光都市に
成長し、そしてこれからも成長し続けるでしょう。




人気ブログランキングへ応援お願い致します
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行への応援もお願い致します
ランキング にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ


ラスベガスのホテルについてパート1の続きです。

ラスベガスのホテルといえば、必ず1Fにカジノフロアーがあります。
マスカレードインザスカイ









カジノのないホテルもありますがラスベガスでは極稀です。
ほとんどのホテルはカジノの収入が柱になっているということです。
従ってラスベガスのホテルは如何にカジノをしてもらうかということを
考えています。

例えば、ホテル内にあるカフェやレストラン、ショーが行われるシアターは
必ずカジノフロアーの周りに創られていたり、
部屋から外に出るまでには必ずカジノフロアーを通らないと出られない様な
設計で創られています。

飲み物やタバコなどの自動販売機はほとんど設置されていません。
カジノをやっていれば、これらはすべてサービスしてくれるのです。
ホテルの客室では、高級ホテルであっても冷蔵庫やポットなどは
ほとんど置いてありません。
日本ではビジネスホテルにだって設置されてますよね。
要は部屋の中ではゆっくりしないで下さい、ということらしい。
外に出れば必ずカジノフロアーを通りますから。


また、宿泊していないホテルでも自由に出入りができるので
ホテルの前では無料でショーをやってお客を集客したりと
莫大の費用を掛けて実施しているホテルもあります。
中でもベラージオの噴水ショーは有名ですね。
ベラージオ噴水










などなど色々な工夫がされているんですよ。

何だか、カジノをさせるように仕向けられていると思うかもしれませんが、
このような仕組みがあるからこそ、ラスベガスの高級ホテルに
私のようなサラリーマンが泊まれるということもまた事実なんです。


ラスベガスのホテルの部屋数は13万室を軽く超えています。
その膨大な数の部屋が年間を通して90%以上も稼動している、
埋め尽くされているそうです。
これはラスベガスが人気の旅行スポットということも大きいと思いますが、
一つにホテルの宿泊料金の安さも貢献しているみたいです。
アメリカ国内のロサンゼルスやニューヨークなどの同ランクのホテルと
比較すると約半額の料金で泊まれるみたいですから。



人気ブログランキングへ応援お願い致します
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行への応援もお願い致します
ランキング にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ

ラスベガスのホテルの特徴について

【特徴 ゝ模が大きいこと】

世界中のホテルの中でもホテルの客室数で上位にランクされているのは、
ほとんどがラスベガスのホテルとなっています。
中でもベネチアンホテルは今年(2008年)に新館のパラッゾをオープンさせ
その客室数は何と7,000室を超え世界一の客室数を誇るホテルです。
ラスベガスでは3,000室から5,000室のメガホテルが主流となっていますが、
日本では300室前後が平均とされていることを考えても
いかにラスベガスの規模が大きいかが分かると思います。

規模が大き過ぎてホテルの部屋から表通り(ストリップ通り)まで出るのに
10分以上は掛かるホテルが多いのも珍しくありません。


【特徴◆仝沈的でテーマパークのようなホテルが多いこと】

一例を挙げると前述のベネチアンホテルはイタリアのベニスがテーマ。
ベネチアン






古代エジプトをテーマにしたルクソールホテル
ルクソール









シーザースパレスは古代ローマ帝国をテーマにしたホテル。
シーザースパレス








パリスホテルは、名前の通りフランスのパリをモデルにエッフェル塔や凱旋門を再現。
パリス








テーマに沿って拘って創られているホテルばかりなので、
ホテルを回るだけでも十分楽しめる様になっています。

詳細のホテル情報はこちらで⇒ラスベガスのホテル



人気ブログランキングへ応援お願い致します
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行への応援もお願い致します
ランキング にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログへ

ラスベガス旅行の基本の知識として今回は税金について紹介します。
税金といっても様々ですが、旅行者にとって、
これだけは押さえないとという税金を紹介します。

まずは、消費税ですが7.75%となっています。
小数点第2位まで設定されてるなんて細かいですよね。
ただ、一部の食品や生活雑貨には課税されないという面も
あるみたいです。
また、レストランなどでは税金の他にチップが15%〜20%必要になりますが、
消費税が7.75%なので倍にすれば15%となります。
支払うチップ額は消費税の金額を倍にすれば良い。
チップの金額を計算するときには簡単にできますね。

また、ホテルの宿泊料金に対してはホテル税として9%。
ナイトショーチケットなどに対してはエンターテーメント税として
10%の特別税が課税されます。(消費税は課税されない)
消費税やら特別税やら、ややこしいですけど
旅行前には確認しておいた方が良いですよ。


あとは、カジノ関連での税金についてですが、
カジノで高額配当($1,200以上)を当てた場合、
30%が税金分として差し引かれた金額を支払われます。
例えば1200ドルの場合、360ドルが税金として徴収され支払われる
金額は840ドル。一方、1000ドルの場合、税金で徴収される金額はないので
そのまま1000ドルが支払われるということになります。
1200ドル勝つよりも1000ドル勝った方が手に入る金額が大きいと
いうことになるんです。

また、1億円以上の大金になると、一括で貰うか分割で貰うかを選択できます。
しかし、貰い方でそれぞれ掛かる税金が異なります。
^豎腓婆磴Δ箸は60%が税金
20年間の分割で貰うときには40%が税金
更に日本へへ帰国後に自分で税務署に申告する義務があります。
これが55%です。
例えば10000万円(1億円)の場合で一括で貰うことを選択すると
ラスベガスでは60%の6000万円が税金として徴収されます。
そして、日本で残った4000万円に対して55%の2200万円が徴収され、
最終的に1800万円が自分の手元に残る金額になるということです。
1億円が1800万円ということですよ。税金って恐ろしいですね。


また、高額賞金を受け取った際には、証拠書類がラスベガスの
カジノホテル側からアメリカの税務当局を通じて日本側当局へ報告される
流れになっているみたいです。

納税しなければならないほど、カジノで稼いでみたいものですが・・・。


人気ブログランキングへ応援お願い致します
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行への応援もお願い致します
ラスベガスはカジノの街というイメージが強いですよね。
「カジノ=ギャンブル」、「ギャンブル=マフィア」なんて
ちょっと怖いイメージを持っている方も多いと思います。
その昔はラスベガスはマフィアの街だったみたいですけど、
今はマフィアはいないみたいですよ。

ラスベガスは治安維持には特別に力を入れています。
ラスベガスの治安はアメリカの他の都市と比べて、
犯罪率も低いとのこと。
それは、ラスベガスは観光が唯一の産業であることに
起因しているみたいです。
治安悪化によるイメージダウンは観光産業に悪影響を
及ぼしますから特に力を入れているということです。

観光客が多いストリップ地区やダウンタウン地区は
人通りも多いし、ホテルのネオンで明るいということも
ありますが、夜間でも安心して外出できます。
私もラスベガスの街で怖い思いをしたことはありません。
現地の旅行会社の方に聞いても凶悪犯罪に日本人観光客が
巻き込まれたという話は聞かないと言っていました。

しかし、治安が良いといっても注意は必要で、
人通りの少ない場所、特にストリップとダウンタウンとの
間の地区は要注意です。

また、ホテル内や繁華街、そして空港などでは置き引きや
スリには十分な注意が必要ですね。
間違っても荷物を置いてその場から離れることは
してはいけません。
治安が良いといっても日本とは違いますから!

人気ブログランキングへ応援お願い致します
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行への応援もお願い致します



チップの目安です。

アメリカでは当たり前のチップ制度。もちろんラスベガスでも例外ではない。
でもこのチップ制度は我々日本人には馴染みがないので少々面倒ですよね。
以下に代表的なチップの目安を記載します。参考にして下さい。

●レストラン:飲食代の15%〜20%

●バフェレストラン:退席の際に1人あたり$1〜2テーブルに置く

●ルームサービス:料金の15%〜20%

●ポーター(ホテル荷物運び):荷物1つにつき$1

●タクシー:乗車代金の15%〜20%

●カジノディーラー:買った額の15%〜20%

●カクテルウエイトレス:ドリンク注文につき$1〜2

●ベットメイキング:1つにつき$1〜2

※金額にチップが含まれている場合(伝票に「Service Charge」または
 Gratrity」と記載されている)はチップを払わなくてもOK
※カジノディーラーへのチップは大勝したときのみでOK

でも、実際15%と言われても計算できなかったりしますよね。
ぴったり15・20%にしなくても$1単位で切りが良い額を渡せば
良いと思われます。


ラスベガスの交通機関

●タクシー

私達はラスベガスでの移動手段で一番活用している交通機関はタクシー。
路上でタクシーを止めることはできないが、ほとんどのホテルや
ショッピングモールにタクシー乗場があるし、それほど高くないので
便利です。また、移動に時間が掛からない点もよく活用しているポイント。
ただ、ラスベガスは夕方から深夜にかけて渋滞がひどいので、渋滞時には
ちょっと値段も上がってしまいます。
 
●モノレール

・MGMグランド⇔サハラ間(有料)
 MGMグランドからサハラホテルの間を片道約15分という時間で移動
 してくれるモノレール。有料で1回$3、1日券$10。
 渋滞も関係ないし、値段もそれほど高くないので便利ですが、
 ベネチアンやウィンなどのホテルには止まらないところがイマイチ。
 MGM⇔バリーズ、フラミンゴ、インペリアルパレスなどのホテル間
 移動をする際に活用すると良いでしょう。
 特に夜はラスベガスの夜景がきれいに見れますよ。

・エクスカリバー⇔マンダレイベイ間(無料)
 エクスカリバーとマンダレイベイの間の移動には便利。
 間のルクソールにも止まりはするがマンダレイベイからエクスカリバーへ
 向かうモノレール(トラム)しか止まらないので注意が必要。
 無料だしストリップ沿いを走っているので便利。

・ミラージュ⇔ti間(無料)
 ミラージュとtiの間を走っている無料モノレール(トラム)。
 短い距離なのであっという間に着いてしまいます。

●バス
 
デュースというバスを活用。料金は1回$2と安いし24時間運行している。
しかし、こまめにバス停があるため移動には時間がかかる。
特に渋滞時間は避けたほうが良いです。ラスベガスの渋滞はすごいですから。
タクシーを使った方が全然早く移動できます。

時差について

アメリカには4つの時差帯があるらしい。ラスベガスのあるネバダ州は
ロスアンゼルス、サンフランシスコなどと同じの太平洋時間。
日本との時差はマイナス17時間。
例えば、日本が5月1日の朝10:00だとするとラスベガスは4月30日の
17:00ということになる。

日本から飛行機でラスベガスへ向かうと約10時間以上かかりますが
時差の関係で、ラスベガスに着くと日本を出発した日の午前中に
戻っている。
帰りは逆に1日が飛んでしまう感じですね。

私達がラスベガスへ旅行に行くときは、私の時計をラスベガス時間に、
妻の時計はそのまま日本時間にすることにしています。
常に日本では今○月○日の何時というのが分かっていると時差ボケ対策を
しやすいですよ。

それから、アメリカでは夏時間というものがあり4月〜10月までは、
1時間早めます。従って、日本との時差はマイナス16時間となります。
ラスベガスの気候

ラスベガスは砂漠につくられた都市であるため、
・雨が降る心配はまず無い
・昼と夜の気温差が激しい
・湿度が低いので乾燥する
といった傾向がある。
特に気をつける点は乾燥。ボディークリームなどをつけないと
肌がカサカサして痛くなることも。
夏は紫外線も強いので女性は特に乾燥対策・紫外線対策が必要ですね。

夏は40度以上になることもあり、外を歩くときは紫外線対策や
脱水症にも気をつけてまめに水分をとった方が良い。
でも、ここで注意点ですが、外はとても暑いのですがホテルの中は
必要以上に冷房がきいているため上着を1枚持っていた方が良いだろう。
4月〜10月は夏。

冬は15度程度で過ごしやすいがもっと気温が下がることがあるらしい。
夜は気温が下がるので外に出るときには厚着をした方が良いだろう。
冬は逆にホテルの中が暖房がきき過ぎているということはないので
心配はいらない。

ラスベガス旅行情報
ラスベガスラスベガス
旅行体験記

RSS新着情報
Yahoo!ブックマークに登録
ご案内
【ラスベガス旅行体験記】

■運営ポリシー■
これからラスベガスへ旅行に
行かれる方に、自らの旅行
体験情報を元にお役に立てる
ようなブログを目指します。
ラスベガス好き、旅行好きの
みなさん応援よろしく!
コメント・トラックバック、
大歓迎です。
相互リンクも募集中ですので
よろしくお願いします。

■便利だと思った方は■
人気ブログランキングへ
応援お願い致します。
ランキング
にほんブログ村 アメリカ・カナダ旅行
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ

Recent Comments